ウクライナ侵攻で波乱の株式市場 長期の積立投資にはむしろ増額も視野に

2022/03/25 11:00

 世界の株式市場が揺れている。年初からの下落傾向にロシアのウクライナ侵攻が重なり、主要国の株価が大幅安を記録している。コロナ禍で投資を始めた人は、どう対応すればよいのだろうか。AERA 2022年3月28日号から。

あわせて読みたい

  • ウクライナ侵攻で勢いづく金価格 インフレ傾向で上昇傾向にあるも「一気に反落もある」と専門家

    ウクライナ侵攻で勢いづく金価格 インフレ傾向で上昇傾向にあるも「一気に反落もある」と専門家

    AERA

    3/26

    <NISAの出口>60歳で相場暴落なら、積み立てた投資信託どうする?

    <NISAの出口>60歳で相場暴落なら、積み立てた投資信託どうする?

    AERA

    5/16

  • 「続く株高、いっぺんに投資」は危険!プロが教える今必要な投資スタンス

    「続く株高、いっぺんに投資」は危険!プロが教える今必要な投資スタンス

    dot.

    9/18

    月イチ積立はもう古い!? 「毎日積立」の投資信託のオトク度検証

    月イチ積立はもう古い!? 「毎日積立」の投資信託のオトク度検証

    AERA

    10/3

  • 1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    1兆円突破、日本人の「S&P500買い」が止まらない 一方で米国では株価が下落

    AERA

    5/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す