野田聖子氏、孤独問題「自助からの転換」に意欲 郵政民営化、不妊治療で「世の中1人きり」と感じた過去も告白

2022/03/03 10:00

 昨年2月に日本に「孤独・孤立対策担当大臣」のポストが誕生して1年が経った。一人暮らしが世帯全体の4割近くを占め、「社会的孤立」の問題が指摘されていたなか、長引く新型コロナの影響でつながりの機会が失われ、問題は深刻さを増している。国は社会的孤立の状況をどう受け止め、どのような取り組みを進めていこうとしているのか。世界で初めて大臣を置いた英国の孤独対策に詳しく『孤独は社会問題』(光文社新書)を出版したジャーナリストの多賀幹子さんが、野田聖子・孤独・孤立対策担当大臣に聞いた。AERA 2022年3月7日号は「孤独」特集。

あわせて読みたい

  • 野田聖子氏、孤独対策「誰もが相談できるプッシュ型」を目指す考え 重度障害児の育児で申請主義の弊害を感じて

    野田聖子氏、孤独対策「誰もが相談できるプッシュ型」を目指す考え 重度障害児の育児で申請主義の弊害を感じて

    AERA

    3/4

    コロナ禍で「望まない孤独」が増加、対策は待ったなし 新首相に「予防的な政策」期待

    コロナ禍で「望まない孤独」が増加、対策は待ったなし 新首相に「予防的な政策」期待

    AERA

    9/29

  • 坂本哲志・孤独担当相「今の日本は、誰でも孤独に陥る環境」

    坂本哲志・孤独担当相「今の日本は、誰でも孤独に陥る環境」

    週刊朝日

    4/2

    LINEで「死にます」 若者から老人まで蝕む「孤独」、背景に何が?

    LINEで「死にます」 若者から老人まで蝕む「孤独」、背景に何が?

    週刊朝日

    4/2

  • SNSの相談窓口も コロナ禍で深刻化する「孤独問題」への取り組み

    SNSの相談窓口も コロナ禍で深刻化する「孤独問題」への取り組み

    週刊朝日

    2/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す