「いきなり海外起業」で世界を狙う! 30代エンジニア起業家の市場規模130兆円「ソフトウェアのテスト自動化」への道のり

起業は巡る

2022/03/03 17:00

近澤良(ちかざわ・りょう)/1985年生まれ、東京都出身。36歳(撮影/写真部・松永卓也)
近澤良(ちかざわ・りょう)/1985年生まれ、東京都出身。36歳(撮影/写真部・松永卓也)

 短期集中連載「起業は巡る」。第3シーズンに登場するのは、新たな技術で日本の改革を目指す若者たち。第3回は、ソフトウェアのテストを自動化させた「オーティファイ」CEO・共同創業者の近澤良氏だ。AERA 2022年3月7日号の記事の1回目。

【写真】会社のキャラクター「Hatty(ハッティー)」が描かれたオフィスでミーティングする近澤さん

*  *  *

「イジメ、ダメ! イジメ、ダメ!」「ダメ、ダメ、ダメ」

 2016年の米サンフランシスコ。ヘビーメタルの大音響の中、密集した大男たちが取り憑(つ)かれたように日本語で叫ぶ。体をぶつけ合うモッシュと、他の観客の頭の上を泳ぐように移動するダイブを繰り返す。

 舞台の上で観衆を煽(あお)るのは3人の日本人少女。「ヘビーメタルとアイドルの融合」をコンセプトに世界を席巻するユニット「BABYMETAL(ベビーメタル、現在は2人)」だ。

「これだよ、これ」

 現地のスタートアップでエンジニアとして働いていた近澤良は、会場で鳥肌を立てていた。ベビーメタルは海外でも日本語で歌う。だが、赤と黒のコスチュームに身を包んだ少女がヘビーメタルに乗って歌い踊るパフォーマンスは海外でも熱狂的な人気を誇る。この年も英ロンドンのウェンブリーアリーナを満員にした。

■音楽よりネットでしょ

 日本で成功してから海外に。戦後の日本企業はほとんどがこのパターンで成長した。だが、今はあらゆる物事が世界同時で進行するインターネットの世紀。スタートアップも「いきなり世界」を狙う。ベビーメタルの活躍は近澤に勇気を与えた。

 16年9月、近澤はそのサンフランシスコでオーティファイの前身となる会社を設立した。日本、シンガポール、米国でエンジニアとして武者修行を続けた後、あえて日本に戻らず海外で起業した。世界を目指すにはそれが近道と考えたからだ。

 父は経営コンサルタント。元ラジオアナウンサーの母は、カタログ誌とEC(ネットショッピング)の会社を経営していた。プログラミングができた近澤は、母の会社のウェブサイトをデザインしたり、倉庫の棚卸しをしたりして小遣いを稼いでいた。父には「それでいいのか」と言われたが、本人はミュージシャンを目指しており、大企業で働くつもりはなかった。

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 「シリコンバレーの村人になれた」 起業家の“M1”でチャンス得た日本人エンジニア 目指すはNASDAQ上場

    「シリコンバレーの村人になれた」 起業家の“M1”でチャンス得た日本人エンジニア 目指すはNASDAQ上場

    AERA

    3/4

    文系エンジニアが世界で通用しない理由

    文系エンジニアが世界で通用しない理由

    AERA

    10/26

  • 日本IBMからAWSの伝道師、そして起業へ エンジニアが実現した「なんでもIoT化」

    日本IBMからAWSの伝道師、そして起業へ エンジニアが実現した「なんでもIoT化」

    AERA

    3/17

    東大在学中にバイト感覚で「年1千万円」稼いだ過去も 30代起業家がAIで「情報の海に溺れた人々」を救うまで

    東大在学中にバイト感覚で「年1千万円」稼いだ過去も 30代起業家がAIで「情報の海に溺れた人々」を救うまで

    AERA

    2/27

  • マイクロソフト、グーグルで活躍した日本人エンジニアが「自分を変えたいとき」にやること

    マイクロソフト、グーグルで活躍した日本人エンジニアが「自分を変えたいとき」にやること

    dot.

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す