テレワーク明け「出社がきつい」の相談増 医師が教える“在宅時差ぼけ”解消法

ヘルス

2021/12/20 08:00

イラスト 小迎裕美子
イラスト 小迎裕美子

 緊急事態宣言が解除されて約3カ月。テレワークから出社に切り替わったという人も少なくないだろう。テレワーク明け以降、「出社がきつい」と不調を訴える相談が増えているという。どう対策すればいいのだろうか。AERA 2021年12月20日号から。

【イラスト】出社がきついだけじゃない!「ウィズコロナの5大問題」あるある…

*  *  *

 テレワーク明けの出社でメンタルやられ気味……。こう苦笑するのは、大手食品メーカーに勤務する48歳男性だ。

 約1年半のテレワーク期間は快適だった。朝は始業時間の9時直前まで寝ていられ、昼の休憩時間にはソファで仮眠できる。家事に「夫の昼食作り」という新たな仕事が加わった妻(50)が始終イライラしているのとは対照的だった。

 しかし、10月にテレワークが解除。起床時間が一気に2時間早まり、朝起きるのがつらい。満員電車に揺られての片道1時間の通勤は、コロナ前よりも耐え難く感じる。

■深夜までゲームに没頭

「テレワーク明けの出社がきついと訴える社員にどう対応するべきか、人事部からの相談が増えています」

 こう話すのは、複数の企業の産業医を務める「産業保健メンタルヘルス研究会」代表理事の鈴木安名さん。「明け」以降、仕事の能率が低下したり、ミスやトラブルを頻発。疲れた様子で、笑顔がなく、欠勤が目立つ。しかし体の病気があるわけではない──。メンタル不調が頭に浮かぶが、鈴木さんはその原因を、自身の造語「在宅時差ぼけ」という言葉で説明する。

「テレワーク中に体内時計が乱れ、海外旅行で時差ぼけが起きた時のような不調が生じているのです」(鈴木さん)

 大学院修了、入社3年目、一人暮らしの上場企業社員のケースでは、テレワークで通勤時間がなくなり時間に余裕ができたため、平日も深夜過ぎまでゲームに没頭。テレワーク明けに生活を元に戻そうとしたものの、夜眠れず、朝起きられず、遅刻や欠勤が増えた。メンタル不調を心配した上司の勧めで、鈴木さんへの相談につながった。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 体調改善+集中力UPの「在宅メシ5カ条」とは? 朝に冷たいもの・昼にざるそばがNGな深いワケ

    体調改善+集中力UPの「在宅メシ5カ条」とは? 朝に冷たいもの・昼にざるそばがNGな深いワケ

    AERA

    2/17

    正月休みや週末にうっかり朝寝坊… 「寝だめ」はなぜ体を疲れさせるのか?

    正月休みや週末にうっかり朝寝坊… 「寝だめ」はなぜ体を疲れさせるのか?

    週刊朝日

    1/4

  • 寝正月に要注意! 睡眠「3時間」のズレはインドからの帰国並みの“時差ボケ”に?

    寝正月に要注意! 睡眠「3時間」のズレはインドからの帰国並みの“時差ボケ”に?

    週刊朝日

    1/2

    寝正月で乱れた「時差ボケ」はこれで治す! 専門家が教える予防・解消10カ条

    寝正月で乱れた「時差ボケ」はこれで治す! 専門家が教える予防・解消10カ条

    週刊朝日

    1/6

  • 精神科医が「絶対にやるべきだ」と断言する朝のベスト習慣

    精神科医が「絶対にやるべきだ」と断言する朝のベスト習慣

    ダイヤモンド・オンライン

    4/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す