岸田首相「東大に3回落ちて早稲田へ」アピールの心理 「○○落ち」は巧妙な自己顕示?

2021/11/27 08:00

「東大に3回落ちて早稲田へ」。自民党総裁選で岸田文雄首相を紹介する言葉として、よく登場したフレーズだ。一般的にもよく聞かれるが、その背景にある心理は何なのか。AERA 2021年11月29日号から。

あわせて読みたい

  • 岸田首相だけでない「〇〇大学落ち」 聞かされる人は「正直、どうでもいい」呆れ声も

    岸田首相だけでない「〇〇大学落ち」 聞かされる人は「正直、どうでもいい」呆れ声も

    AERA

    11/26

    「息子の学歴が恥ずかしい」と告白する46歳女性に、鴻上尚史が厳しく指摘した“真実”とは
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    「息子の学歴が恥ずかしい」と告白する46歳女性に、鴻上尚史が厳しく指摘した“真実”とは

    dot.

    1/19

  • 出身校自慢の“学歴至上主義”は劣等感の裏返し

    出身校自慢の“学歴至上主義”は劣等感の裏返し

    AERA

    6/3

    塾に通わずに合格する子も!? 新タイプの中学入試とは?

    塾に通わずに合格する子も!? 新タイプの中学入試とは?

    dot.

    12/8

  • “日本一”入試方法が多い私立中学の狙いとは 「中学受験=塾通い」の常識を覆す

    “日本一”入試方法が多い私立中学の狙いとは 「中学受験=塾通い」の常識を覆す

    dot.

    7/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す