コロナ禍で結婚式を2度延期した夫婦 結婚後は「どちらの姓でもいいね」

はたらく夫婦カンケイ

はたらく夫婦カンケイ

2021/11/04 18:00

AERAの連載「はたらく夫婦カンケイ」では、ある共働き夫婦の出会いから結婚までの道のり、結婚後の家計や家事分担など、それぞれの視点から見た夫婦の関係を紹介します。AERA 2021年11月8日号では、TORIHADA・社員の関穣さん、映像制作会社・社員の荒浪千絵さん夫婦について取り上げました。

あわせて読みたい

  • 生活者に並走する「お直し」を提供する夫婦 手入れして生活を作る楽しさ広めたい

    生活者に並走する「お直し」を提供する夫婦 手入れして生活を作る楽しさ広めたい

    AERA

    3/20

    新生活スタートから2ヶ月。職場の人の顔と名前、覚えましたか?今日は名字のお話です

    新生活スタートから2ヶ月。職場の人の顔と名前、覚えましたか?今日は名字のお話です

    tenki.jp

    5/23

  • 2度目のプロポーズは「一緒に家業を支えて欲しい」 八丈島で出会い、豊洲で干物卸売会社を営む夫婦

    2度目のプロポーズは「一緒に家業を支えて欲しい」 八丈島で出会い、豊洲で干物卸売会社を営む夫婦

    AERA

    3/28

    夫が家事、財布は妻が管理する夫婦 札幌から鎌倉へ移住して日常を丁寧に過ごす

    夫が家事、財布は妻が管理する夫婦 札幌から鎌倉へ移住して日常を丁寧に過ごす

    AERA

    9/21

  • フランスは仏革命前から「夫婦別姓」が原則 「姓がどうであろうと、家族は崩壊しないと認識」

    フランスは仏革命前から「夫婦別姓」が原則 「姓がどうであろうと、家族は崩壊しないと認識」

    AERA

    1/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す