東出昌大 “無になる瞬間”の意味 映画に見出した「人の心のグラデーション」

2021/10/14 11:30

 映画「草の響き」が公開中だ。自律神経失調症と診断された青年を演じた東出昌大は、演技とは何かを突き詰めたという。AERA2021年10月18日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ダメダメ男でも東出昌大が“干されない”理由 業界人は「赤ちゃんみたいなピュアさがある」と擁護

    ダメダメ男でも東出昌大が“干されない”理由 業界人は「赤ちゃんみたいなピュアさがある」と擁護

    dot.

    12/28

    東出昌大 23歳から役者“遅いスタート”で良かったことって?

    東出昌大 23歳から役者“遅いスタート”で良かったことって?

    週刊朝日

    5/22

  • コロナ危機で安堵? 東出昌大が「表舞台に出なくて済む」と自主休業

    コロナ危機で安堵? 東出昌大が「表舞台に出なくて済む」と自主休業

    dot.

    4/10

    東出不倫で背負った十字架 唐田えりか起用の雑誌不買も

    東出不倫で背負った十字架 唐田えりか起用の雑誌不買も

    dot.

    1/24

  • 高畑充希、遅咲きヒロインの“顔芸”に視聴者はなぜ魅了されるのか?

    高畑充希、遅咲きヒロインの“顔芸”に視聴者はなぜ魅了されるのか?

    dot.

    2/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す