虐待を受けた未成年、子を守るため「1人で産んだ」 「予期せぬ妊娠」で孤立出産を減らす「内密出産」の必要性

2021/09/25 10:00

 未成年が予期せぬ妊娠に直面したとき、親に打ち明けられないと孤立してしまう。自分を虐待した親から赤ちゃんを守るため一人で産んだ女性の運命は、熊本で動いた。AERA 2021年9月27日号から。

あわせて読みたい

  • 赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    赤ちゃんと死のうか…18歳、予期せぬ妊娠に「まぢ、終わった」 1本の電話が人生の分岐点に

    AERA

    6/23

    内密出産で露呈したあまりにも軽い女性の「知られたくない権利」

    内密出産で露呈したあまりにも軽い女性の「知られたくない権利」

    AERA

    7/1

  • 内密出産「知られたくない」権利、当事者なのに蚊帳の外 背景に「女性は出産=母になる」民法の壁も

    内密出産「知られたくない」権利、当事者なのに蚊帳の外 背景に「女性は出産=母になる」民法の壁も

    AERA

    7/2

    明日ママ「謝罪も放送中止もしない」強気?の日テレ

    明日ママ「謝罪も放送中止もしない」強気?の日テレ

    AERA

    1/28

  • 赤ちゃんポストの真実

    赤ちゃんポストの真実

    週刊朝日

    11/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す