瀧内公美「表現者として『いてもいいんだ』」 映画という特別な場所

2021/09/11 11:30

 ベルリン国際映画祭にも出品された映画「由宇子の天秤」。主演の瀧内公美さんは、役を生きる喜びを感じながら演じた。AERA 2021年9月13日号で、映画に込める特別な思いを語った。

あわせて読みたい

  • 森山未來「客寄せパンダでもいい!」俳優もダンサーも楽しむ開き直り

    森山未來「客寄せパンダでもいい!」俳優もダンサーも楽しむ開き直り

    週刊朝日

    2/8

    “意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去

    “意外にアツい”吉岡里帆 演劇に目覚め、直談判→門前払いの過去

    週刊朝日

    10/14

  • 人の世の不条理描くヒューマンサスペンス映画 きっかけはある女優の「よこがお」

    人の世の不条理描くヒューマンサスペンス映画 きっかけはある女優の「よこがお」

    AERA

    7/5

    松山ケンイチ 「負け続けるボクサー」役で考えた“強さ”の意味

    松山ケンイチ 「負け続けるボクサー」役で考えた“強さ”の意味

    週刊朝日

    4/3

  • 瀬戸康史、赤ちゃん「寝ました~!」の声に大慌て? ドラマで育児を疑似体験、「すごくショック」な出来事も

    瀬戸康史、赤ちゃん「寝ました~!」の声に大慌て? ドラマで育児を疑似体験、「すごくショック」な出来事も

    AERA

    7/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す