瀧内公美「表現者として『いてもいいんだ』」 映画という特別な場所

2021/09/11 11:30

 ベルリン国際映画祭にも出品された映画「由宇子の天秤」。主演の瀧内公美さんは、役を生きる喜びを感じながら演じた。AERA 2021年9月13日号で、映画に込める特別な思いを語った。

あわせて読みたい

  • “お父さん”俳優・光石研が綴った素顔「サボリ癖があって。本当にダメな男」

    “お父さん”俳優・光石研が綴った素顔「サボリ癖があって。本当にダメな男」

    週刊朝日

    3/25

    時代とともに変わるジェンダー・ギャップを知る40作品 映画を学ぶ学生や上野千鶴子さんらが選んだ過去と現在のリアル

    時代とともに変わるジェンダー・ギャップを知る40作品 映画を学ぶ学生や上野千鶴子さんらが選んだ過去と現在のリアル

    AERA

    12/4

  • 東出昌大 “無になる瞬間”の意味 映画に見出した「人の心のグラデーション」

    東出昌大 “無になる瞬間”の意味 映画に見出した「人の心のグラデーション」

    AERA

    10/14

    森山未來「客寄せパンダでもいい!」俳優もダンサーも楽しむ開き直り

    森山未來「客寄せパンダでもいい!」俳優もダンサーも楽しむ開き直り

    週刊朝日

    2/8

  • 大ブレークした「奈緒」の知られざる素顔 日高屋通い、事務所でマネージャー業も

    大ブレークした「奈緒」の知られざる素顔 日高屋通い、事務所でマネージャー業も

    dot.

    10/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す