「挑戦をやめるという選択肢も」400メートル個人メドレー「金」大橋悠依がコーチから言われたあの日

ピックアップ

2021/07/25 17:12

 東京五輪は7月25日、競泳の決勝種目が始まり、女子400メートル個人メドレーで2019年世界選手権銅メダリストルの大橋悠依(25)が金メダルを獲得した。タイムは4分32秒08。同種目での五輪金メダルは日本女子で初めて。今大会の日本競泳陣で初のメダル獲得ともなった。

あわせて読みたい

  •  2冠の瀬戸大也が五輪内定  練習嫌いを克服、北島抜いて「金」通算4個

    2冠の瀬戸大也が五輪内定 練習嫌いを克服、北島抜いて「金」通算4個

    週刊朝日

    7/29

    瀬戸大也がまさかの予選落ちを喫した理由 「もう1回泳ぎたい」

    瀬戸大也がまさかの予選落ちを喫した理由 「もう1回泳ぎたい」

    AERA

    7/24

  • 日本女子初の1大会2冠 競泳・大橋悠依と平井コーチの絆

    日本女子初の1大会2冠 競泳・大橋悠依と平井コーチの絆

    週刊朝日

    8/4

    五輪2冠の大橋悠依が実は直前合宿で「もう泳ぎたくない」 コーチが明かす
    筆者の顔写真

    平井伯昌

    五輪2冠の大橋悠依が実は直前合宿で「もう泳ぎたくない」 コーチが明かす

    週刊朝日

    8/30

  • リオ五輪をかけた競泳日本選手権が開幕! 33歳北島康介は5大会連続出場なるか?

    リオ五輪をかけた競泳日本選手権が開幕! 33歳北島康介は5大会連続出場なるか?

    dot.

    4/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す