メダルの常連、男子400mリレー 気になる「走順」とアンカーの行方

東京五輪

2021/07/26 11:30

 陸上男子400メートルリレーは、山縣亮太、多田修平、小池祐貴らがメンバーの候補になっている。今大会でもメダル獲得に期待が高まる。走順はどうなるか。AERA 2021年7月26日号から。

あわせて読みたい

  • 9秒台4人! 山縣、桐生ら“史上最強”の男子400mリレー タイム的に金も射程圏内

    9秒台4人! 山縣、桐生ら“史上最強”の男子400mリレー タイム的に金も射程圏内

    dot.

    7/30

    100メートル9秒台で決勝進出は…サニブラウン、桐生、小池

    100メートル9秒台で決勝進出は…サニブラウン、桐生、小池

    週刊朝日

    8/8

  • 陸上100メートル9秒台に挑戦する日本人 壁の向こうには「風に乗る」感覚

    陸上100メートル9秒台に挑戦する日本人 壁の向こうには「風に乗る」感覚

    AERA

    9/26

    課題はスタートの反応と…サニブラウンもうひとつの課題とは? 世界陸上27日開幕

    課題はスタートの反応と…サニブラウンもうひとつの課題とは? 世界陸上27日開幕

    AERA

    9/27

  • サニブラウンに期待高まる日本人初の9秒台 「最初の3、4歩が以前より早く出せている」

    サニブラウンに期待高まる日本人初の9秒台 「最初の3、4歩が以前より早く出せている」

    AERA

    7/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す