子どもの教育のために地方移住 「普通の小学校にはない」親たちが感じた魅力

2021/06/18 08:00

 これまでの教育とは異なる「イエナプラン教育」が注目されている。大人から子どもへの一方通行ではなく、子どもたち一人ひとりに合った学びを重視する。そんな新しい教育を求めて、移住する人たちがいる。親たちの思いとは。AERA 2021年6月21日号は、長野県佐久穂町にある私立・大日向小学校に通う子を持つ親らを取材した。

あわせて読みたい

  • 小学校の教室に黒板なし、1年生も3年生も一緒に授業も 義務教育の最前線

    小学校の教室に黒板なし、1年生も3年生も一緒に授業も 義務教育の最前線

    AERA

    6/17

    「忙しくてトイレに行く時間もない!」  学校の先生たちの悲鳴に“働き方改革”のプロが考えたこと

    「忙しくてトイレに行く時間もない!」 学校の先生たちの悲鳴に“働き方改革”のプロが考えたこと

    dot.

    10/4

  • 公立小で初「異年齢クラス」を導入 学年を超えて「筆算のやり方」教え合う姿も

    公立小で初「異年齢クラス」を導入 学年を超えて「筆算のやり方」教え合う姿も

    AERA

    6/19

    “リクルート出身”教育長が公立校を改革中 定員割れの商業高校を人気校へ

    “リクルート出身”教育長が公立校を改革中 定員割れの商業高校を人気校へ

    AERA

    6/17

  • 「定年後の人生が長い」小学生のプレゼン内容に驚き

    「定年後の人生が長い」小学生のプレゼン内容に驚き

    AERA

    4/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す