発達障害のある子が「こんなに言葉が出るようになるなんて」 エビデンスのある療育“ABA”とは

2021/05/20 07:00

 発達障害という名前が知られるようになり、診断は増えたが支援は不足している状況だった。いま、それに大きな変化が訪れている。ABAという療育の方式が広がりつつある。AERA 2021年5月24日号は「発達障害」を特集した。

あわせて読みたい

  • ICT×発達障害の療育の最前線 「ぺあすく」の成果は見える化、事実を把握する動画アプリも 

    ICT×発達障害の療育の最前線 「ぺあすく」の成果は見える化、事実を把握する動画アプリも 

    AERA

    5/21

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    発達障害の療育に「本当に意味があるの?」の葛藤 家庭療育「ペアトレ」の可能性とは

    AERA

    5/21

  • 理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    理解が追いつかない「発達障害」と生きる 医師も親も迷っている

    AERA

    5/16

    発達障害の子育て 親の思い通りよりも「この子ありき」が大事

    発達障害の子育て 親の思い通りよりも「この子ありき」が大事

    AERA

    6/7

  • 自分も夫も子も発達障害を持つ苦しみ 「困っている」をどこに相談すればいいのか

    自分も夫も子も発達障害を持つ苦しみ 「困っている」をどこに相談すればいいのか

    AERA

    4/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す