「日本も感染ゼロを目指すべき」 岩田健太郎医師が提案する都道府県ごとのコロナ対策

2021/04/20 11:16

 新型コロナウイルスの第4波が到来。ワクチン接種は他国に比べて遅く、死者数の増加も懸念される。そうした中、日本感染症専門医の岩田健太郎医師が、いま必要な対策を語った。AERA 2021年4月26日号から。

あわせて読みたい

  • 岩田健太郎医師が日本のコロナ対策に苦言 「第4波は来るべくして来た」

    岩田健太郎医師が日本のコロナ対策に苦言 「第4波は来るべくして来た」

    AERA

    4/20

    「8割おじさん」のはち切れそうなシャツから妻が感じたサイン 西浦博

    「8割おじさん」のはち切れそうなシャツから妻が感じたサイン 西浦博

    AERA

    9/23

  • 感染リスク高い場所は断トツ「レストラン」 会食リスク 9800万人のデータで判明

    感染リスク高い場所は断トツ「レストラン」 会食リスク 9800万人のデータで判明

    AERA

    12/2

    岩田健太郎医師が問う「医療崩壊」と「ワクチン後」 「犠牲者数も考えて経済活動再開の議論を」

    岩田健太郎医師が問う「医療崩壊」と「ワクチン後」 「犠牲者数も考えて経済活動再開の議論を」

    AERA

    9/11

  • 医師・岩田健太郎「空虚すぎた菅政権『五つの方針』。五輪開催はインポッシブル」

    医師・岩田健太郎「空虚すぎた菅政権『五つの方針』。五輪開催はインポッシブル」

    週刊朝日

    3/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す