海外の精子バンク利用で「子どもの出自を知る権利」確保する日本人夫婦 「見た目の違いは気にならない」

2021/02/08 08:02

 病気や不妊などさまざまな理由で提供精子・卵子での妊娠・出産をする人たちがいる。ただ、国内でそれを選択しようとすると「子どもの出自を知る権利」が守られない、という壁がある。AERA 2021年2月8日号で取材した。

あわせて読みたい

  • 自分が何者かわからず…匿名精子ドナーから生まれた女性「『出自を知る権利』法律で認めて」と思い吐露

    自分が何者かわからず…匿名精子ドナーから生まれた女性「『出自を知る権利』法律で認めて」と思い吐露

    AERA

    2/8

    世界最大の精子バンクが日本上陸 AIDで生む「3組5人の選択」とは

    世界最大の精子バンクが日本上陸 AIDで生む「3組5人の選択」とは

    AERA

    9/16

  • SNSで広がる精子「闇取引」の実態は? 日本初の精子バンクを設立した不妊治療専門医に聞く

    SNSで広がる精子「闇取引」の実態は? 日本初の精子バンクを設立した不妊治療専門医に聞く

    dot.

    7/11

    世界最大の精子バンクに「日本人ドナー」なし 登録しづらい背景とは?

    世界最大の精子バンクに「日本人ドナー」なし 登録しづらい背景とは?

    AERA

    9/16

  • YOASOBIが“初の一般誌表紙”に登場!蜷川実花が撮影した「AERA 2月8日号」は2月1日発売

    YOASOBIが“初の一般誌表紙”に登場!蜷川実花が撮影した「AERA 2月8日号」は2月1日発売

    1/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す