磯村勇斗が綾野剛に学んだこと 変わりゆく時代と家族の在り方描く「ヤクザ」映画 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

磯村勇斗が綾野剛に学んだこと 変わりゆく時代と家族の在り方描く「ヤクザ」映画

坂口さゆりAERA#映画
磯村勇斗(いそむら・はやと)/1992年生まれ。静岡県出身。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)でヒロインの相手役を務めて注目される。主な出演作に「今日から俺は!!」(18年)、「きのう何食べた?」(19年)、「恋する母たち」(20年)など多数(撮影/写真部・掛祥葉子)

磯村勇斗(いそむら・はやと)/1992年生まれ。静岡県出身。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)でヒロインの相手役を務めて注目される。主な出演作に「今日から俺は!!」(18年)、「きのう何食べた?」(19年)、「恋する母たち」(20年)など多数(撮影/写真部・掛祥葉子)

「ヤクザと家族 The Family」/気鋭の制作会社スターサンズと藤井道人監督が仕掛ける最新作。1月29日から全国公開 (c)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

「ヤクザと家族 The Family」/気鋭の制作会社スターサンズと藤井道人監督が仕掛ける最新作。1月29日から全国公開 (c)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

「仁義なき戦い 〈“東映 ザ・定番”シリーズ〉」、発売元:東映ビデオ 販売元:東映、価格2800円+税/DVD発売中

「仁義なき戦い 〈“東映 ザ・定番”シリーズ〉」、発売元:東映ビデオ 販売元:東映、価格2800円+税/DVD発売中

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【映画「ヤクザと家族 The Family」の場面カットはこちら】

*  *  *
 ヤクザ? 興味ない。そう思ってしまったらあまりにもったいない映画「ヤクザと家族 The Family」。

 主人公は少年期に地元のヤクザ柴咲組の組長・柴咲(舘ひろし)から手を差し伸べられ、ヤクザという生き方を選んだ男、山本賢治(綾野剛)。彼の歩んだ1999年、2005年、2019年という三つの時代を通して、家族愛や、社会から弾かれた人間の生きづらさを現代に問う。

 賢治は兄貴分の中村(北村有起哉)をかばって刑に服す。14年後、出所すると世界は暴力団対策法によって大きく様変わりしていた……。

 激変した世界を象徴する存在が、磯村勇斗さん演じる翼だ。かつての抗争で殺された柴咲組の若頭・木村の妻で食堂を営む愛子(寺島しのぶ)の息子役。幼い頃から賢治をケン兄と慕っていた彼が、今や「半グレ」となって夜の街を仕切っている。

「翼は子どもの頃からケン兄や柴咲組からすごく愛情を注がれてきた。それを背負いながら、衰退する地元でヤクザとは違う新しい形で生きていかなければならない。どこか悲しい部分を持ちながらも強く生きている。注がれた愛をどこにつなげていくか、未来を託された重要な人物です」

 実は、出演は最初から決まっていたわけではなかった。

「自分の名前が翼役にあがっている、という段階で面談がありました。台本を読んでぜひ翼をやりたいと。ロケ地が自分の地元だということが運命的ですし、地元の空気感や匂いというものから翼というキャラクターを作れるのではないかと思いました」 

 翼が最初に登場するのは、地下格闘技のシーン。細マッチョな体から強烈なパンチを繰り出し、相手を軽々と打ちのめす。背中には天使の羽の刺青、胸筋から腹筋までしっかりと割れた肉体。世間に戸惑う賢治と対照的な姿は、見る者に時代が変わったことをはっきりと告げる。磯村さんは言う。

「体で見せることができれば、翼が語らなくても彼がどう生きてきたかわかります。監督にも事前に体をしっかり作ってきてほしいと言われましたので、そこを目指してトレーニングをしました」


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい