科学者の視点を日常の言葉に翻訳? 新田次郎文学賞受賞作家が、人々の傷心に希望を灯す

読書

2021/01/04 17:00

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。「書店員さんオススメの一冊」では、売り場を預かる各書店の担当者がイチオシの作品を挙げています。

あわせて読みたい

  • 【「本屋大賞2021」候補作紹介】『八月の銀の雪』――自然科学との出会いから生まれる人間模様。読者の心を温かくする全5篇

    【「本屋大賞2021」候補作紹介】『八月の銀の雪』――自然科学との出会いから生まれる人間模様。読者の心を温かくする全5篇

    BOOKSTAND

    3/25

    芥川賞は現役大学生が受賞 芥川・直木賞歴代受賞者の出身大学ランキング

    芥川賞は現役大学生が受賞 芥川・直木賞歴代受賞者の出身大学ランキング

    dot.

    1/21

  • 小説の究極形態? 新進気鋭の二人の歌人が“短歌で”描いた男子高校生の日々

    小説の究極形態? 新進気鋭の二人の歌人が“短歌で”描いた男子高校生の日々

    AERA

    3/12

    「必ず光がある小説」書店員がセレクト 本のテーマは「世界が舞台」「戦争」「背中を押す」

    「必ず光がある小説」書店員がセレクト 本のテーマは「世界が舞台」「戦争」「背中を押す」

    AERA

    5/2

  • 主人公は自分の分身? 刑事・合田雄一郎の成長感じる人気シリーズ、高村薫最新作

    主人公は自分の分身? 刑事・合田雄一郎の成長感じる人気シリーズ、高村薫最新作

    AERA

    9/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す