コロナ禍は人間関係を整理する好機 不安なら「誰が大切か」を決めて

2020/11/15 07:02

 コロナ禍で変化したコミュニケーションの形。外出しづらく不安になりがちな今こそ、その本質や人間関係を見直すことで心の安定に努めよう。AERA 2020年11月16日号から。

あわせて読みたい

  • オンライン会議で緊張しないために「コミュニケーションの解像度」を上げよう

    オンライン会議で緊張しないために「コミュニケーションの解像度」を上げよう

    dot.

    6/30

    西田亮介 「若者に『自分のため』と呼びかけなかった“政府のコミュニケーション“の課題」

    西田亮介 「若者に『自分のため』と呼びかけなかった“政府のコミュニケーション“の課題」

    AERA

    2/28

  • 「ずーむ?」60歳“還暦記者”、急激なデジタル化の波でもがく!

    「ずーむ?」60歳“還暦記者”、急激なデジタル化の波でもがく!

    週刊朝日

    6/7

    西田亮介×堀潤 「夜の街」と大きな主語が不安を煽った コロナ禍の情報発信の課題

    西田亮介×堀潤 「夜の街」と大きな主語が不安を煽った コロナ禍の情報発信の課題

    AERA

    7/22

  • “紙に印刷”をやめてみる? 高年齢ワーカー「コロナ後デジタル時代」の働き方

    “紙に印刷”をやめてみる? 高年齢ワーカー「コロナ後デジタル時代」の働き方

    週刊朝日

    6/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す