「超理系」採用に“暗号”課題、応募学生が例年の2倍…コロナ禍就活戦線に「異変」

2020/10/27 07:00

 新型コロナの影響で就活に変化が起きている。理系人材を求める動きや地方学生の比率増加などが顕著だ。AERA 2020年10月26日号の記事を紹介。

あわせて読みたい

  • コロナ禍就活に理系「特需」 東大や京大などの優秀な学生を企業が“一本釣り”できるワケ

    コロナ禍就活に理系「特需」 東大や京大などの優秀な学生を企業が“一本釣り”できるワケ

    AERA

    10/27

    21年卒就職内定率「鈍化」も「悲観する必要なし」 企業の学生集め、オンライン対応苦戦が原因か

    21年卒就職内定率「鈍化」も「悲観する必要なし」 企業の学生集め、オンライン対応苦戦が原因か

    AERA

    6/3

  • 大学別「人気企業への就職者数」調査! ソニーなど電機復活の陰で銀行人気が凋落のワケ

    大学別「人気企業への就職者数」調査! ソニーなど電機復活の陰で銀行人気が凋落のワケ

    AERA

    8/1

    就職 売り手市場も学生の取り合い激化?その理由

    就職 売り手市場も学生の取り合い激化?その理由

    AERA

    9/17

  • コロナ禍の就活に専門家「最終選考まで一度も会わずに内定が出るケースも」

    コロナ禍の就活に専門家「最終選考まで一度も会わずに内定が出るケースも」

    AERA

    6/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す