芸能界を夢見た女性が暗殺犯に…「犯行時までテレビに出演していると信じていた」 金正男氏暗殺事件に迫る映画が公開 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芸能界を夢見た女性が暗殺犯に…「犯行時までテレビに出演していると信じていた」 金正男氏暗殺事件に迫る映画が公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
北野隆一AERA#北朝鮮
ベトナム人ドアン・ティ・フォン被告(右)は芸能界を夢見た。インドネシア人シティ・アイシャ被告は工作員に心ひかれていた (c)Backstory, LLC. All Rights Reserved.

ベトナム人ドアン・ティ・フォン被告(右)は芸能界を夢見た。インドネシア人シティ・アイシャ被告は工作員に心ひかれていた (c)Backstory, LLC. All Rights Reserved.

2016年6月、パリで知人と会食する金正男氏。北朝鮮国外を転々としていたが、17年2月に暗殺された(写真:関係者提供)

2016年6月、パリで知人と会食する金正男氏。北朝鮮国外を転々としていたが、17年2月に暗殺された(写真:関係者提供)

Ryan White/1981年生まれ。映画監督。米国の性的少数者やスポーツ選手などのドキュメンタリー映画を製作。マレーシアでの取材は初めて (c)Backstory, LLC. All Rights Reserved.

Ryan White/1981年生まれ。映画監督。米国の性的少数者やスポーツ選手などのドキュメンタリー映画を製作。マレーシアでの取材は初めて (c)Backstory, LLC. All Rights Reserved.

 華やかな世界を夢見る女性2人が暗殺犯に。事件を扱った映画を見終わっても謎は残る。なぜ北朝鮮は、こんな奇妙な計画を実行したのか──。AERA 2020年10月5日号では、暗殺事件に迫ったドキュメンタリー映画を取り上げた。

【写真】殺害される前年の金正男氏
*  *  *
 2017年2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で起きた事件は、世界を驚かせた。北朝鮮の最高指導者・金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の長兄、金正男(キムジョンナム)氏が、多くの利用者でにぎわう国際空港の出発ロビーで暗殺されたのだ。

 実行犯としてマレーシア警察が逮捕したのは、暗殺者のイメージにほど遠い2人の若い女性だった。インドネシア人のシティ・アイシャと、ベトナム人のドアン・ティ・フォン両容疑者。監視カメラには、搭乗手続きをしようとしていた正男氏に、次々とじゃれつくように飛びつき、手のひらを彼の顔になすりつける彼女らの姿が映っている。

 正男氏は警察官に助けを求めるが、やがて意識を失い、死亡する。顔に塗られたのは、猛毒の神経剤VXだった。

■2人は死刑の可能性

 ドキュメンタリー映画「わたしは金正男を殺してない」(米国、1時間44分)は、米国人のライアン・ホワイト監督らが事件発生時に「すごく異様な事件だ」と関心を持ち、数カ月後にマレーシア入りして取材を始めた。17年10月から1年半続いた2人の公判を傍聴しながら事件の謎に迫った作品だ。

 ホワイト氏は当初、2人がファム・ファタル(魔性の女)かもしれないと考えていた。しかし先入観はすぐ打ち砕かれた。

 2人のスマホやSNSに残された膨大なメッセージや写真は、彼女らが事件当日までどこへ行ってだれと会い、どんな行動をとったかをつぶさに記録していた。農村の裕福でない家に生まれ育ち、華やかな生活にあこがれ、都会で接客業などをしていた。韓国や日本から来たという男たちに「日本のテレビ番組用にイタズラ動画を撮るので出演しないか」と誘われ、その言葉を信じて指示に従った。見知らぬ男性にいきなり飛びついて顔に「オイル」を塗って逃げるというイタズラの練習を重ね、当日の「撮影」に臨んだ──。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい