「半世紀かけつかんだ表現の自由」 スターが発言権を得るまでの過酷な闘争の歴史とは

2020/06/12 11:30

 日本で多くの芸能人が検察庁法の改正案に反対して話題になったが、米国のスターならこれは当たり前。黒人男性の暴行死事件に対する発言も続く。彼らは闘争を経て、表現の自由を勝ち取っていた。AERA 2020年6月15日号に掲載された記事で、その歴史を遡る。

あわせて読みたい

  • 米エンタメにはファンの政治観も大きく影響? トランプ大統領VSスターの真っ向勝負も

    米エンタメにはファンの政治観も大きく影響? トランプ大統領VSスターの真っ向勝負も

    AERA

    6/12

    ハリウッド映画黄金期のレジェンド、カーク・ダグラスさんを偲んで

    ハリウッド映画黄金期のレジェンド、カーク・ダグラスさんを偲んで

    tenki.jp

    2/28

  • なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか

    なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか

    週刊朝日

    6/8

    コロナで注文殺到、売上14倍の作品は? 自粛で“見たい読みたい”名作40選

    コロナで注文殺到、売上14倍の作品は? 自粛で“見たい読みたい”名作40選

    週刊朝日

    3/17

  • 検閲されても魂は売らない 香港映画人が向き合う「国安法」と困難

    検閲されても魂は売らない 香港映画人が向き合う「国安法」と困難

    AERA

    11/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す