「闘いをやめれば、“家”を奪われ失う」 香港「民主の女神」最後の闘いへの覚悟

中国

2020/06/11 17:00

 中国が採択した「国家安全法制」によって、香港の「一国二制度」と「自由」はいま、存亡の危機に立たされている。民主化デモ「雨傘運動」で「女神」と呼ばれたリーダー・周庭さんの胸の内は。AERA 2020年6月15日号が聞いた。

あわせて読みたい

  • 「もう実家に戻れない」中国の弾圧恐れる在日香港人 周庭ら収監、重ければ「懲役5年」も

    「もう実家に戻れない」中国の弾圧恐れる在日香港人 周庭ら収監、重ければ「懲役5年」も

    AERA

    11/25

    香港に自由を…デモ参加で連行された「ポップスター」デニス・ホーの強靭な半生

    香港に自由を…デモ参加で連行された「ポップスター」デニス・ホーの強靭な半生

    AERA

    7/25

  • 香港版「治安維持法」で“戦意喪失”の若者も 英豪台へ「もう移住するしかない」

    香港版「治安維持法」で“戦意喪失”の若者も 英豪台へ「もう移住するしかない」

    AERA

    6/11

    香港から途絶えたメール、消えたSNS投稿…失われた自由の陰で「中国支持」の意外な壁

    香港から途絶えたメール、消えたSNS投稿…失われた自由の陰で「中国支持」の意外な壁

    AERA

    7/16

  • 香港民主派デモ「雨傘の下の素顔」

    香港民主派デモ「雨傘の下の素顔」

    週刊朝日

    11/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す