「戦後教育で育った自分とは?」 美術家・森村泰昌からの「問い」を感じる展覧会

2020/05/31 17:00

 来年1月に閉館予定の東京の原美術館。誰かの邸宅に招かれたような雰囲気の中で、美術家・森村泰昌が挑むのは、「さまよえるニッポンの私」というテーマだ。AERA 2020年6月1日号に掲載された記事で、森村泰昌のアイデンティティに迫る。

あわせて読みたい

  • 「食い下がろうとする姿勢が大事」 気鋭の美術家が提言する、コロナ後の社会の「在り方」

    「食い下がろうとする姿勢が大事」 気鋭の美術家が提言する、コロナ後の社会の「在り方」

    AERA

    5/31

    造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

    造船の町「大阪・北加賀屋」に美術館を開設 森村泰昌の思いとは?

    AERA

    12/16

  • プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

    プーシキン美術館館長×森村泰昌対談「日本人とロシア人の感受性は近い」

    AERA

    6/3

    マネの絵の中に入ってバーテンダーの少女の感情に触れた――森村泰昌の写真館

    マネの絵の中に入ってバーテンダーの少女の感情に触れた――森村泰昌の写真館

    AERA

    10/25

  • 「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

    「プーシキン美術館展」を写真で紹介! 作品も見せます

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す