映画監督・白石和彌が「暴力」を描く理由「<現代の肖像>

藤井誠二

2020/05/18 16:00

2013年に「凶悪」で映画監督としての地位を確立すると、「孤狼の血」「凪待ち」「ひとよ」など、話題作を世に出してきた。白石和彌さんは、映画とは「理不尽なもの、不条理なものを描くためにある」と言う。だから、暴力的な表現も蓋をせず描く。師事した若松孝二の「反権力」の精神も引き継いだ。表現の自由が危ぶまれる日本に危機感を抱き、理不尽さに声をあげる。

あわせて読みたい

  • NHKドラマとかぶる…濱田岳主演“デリヘルドラマ”の意外な楽しみ方
    筆者の顔写真

    カトリーヌあやこ

    NHKドラマとかぶる…濱田岳主演“デリヘルドラマ”の意外な楽しみ方

    週刊朝日

    3/22

    「東京新聞社内」で撮影も シム・ウンギョン、松坂桃李主演の政治サスペンス映画

    「東京新聞社内」で撮影も シム・ウンギョン、松坂桃李主演の政治サスペンス映画

    AERA

    6/22

  • 阿部サダヲが殺人鬼役 映画『死刑にいたる病』の結末に辛口意見も

    阿部サダヲが殺人鬼役 映画『死刑にいたる病』の結末に辛口意見も

    週刊朝日

    5/13

    「TOKYO MER」続編や海外進出も!? 「鈴木亮平」が得た憑依型俳優ナンバーワンの称号

    「TOKYO MER」続編や海外進出も!? 「鈴木亮平」が得た憑依型俳優ナンバーワンの称号

    dot.

    9/12

  • 「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す