開発進むコロナワクチンに重症化懸念 次の一手は「水際でブロック」日本発の新技術

新型コロナウイルス

2020/05/12 11:30

 新型コロナ対策のワクチン開発が世界で進むが、それらには重大な懸念があるという。免疫の仕組みを知ることで危険性を読み解き、全く新しい日本発のワクチン技術について取材した。AERA 2020年5月18日号で最新知見を身につけて長期戦に備えよう。

あわせて読みたい

  • コロナ抗体は「半年」持続で重症者ほど「活性」高い ワクチンでできる抗体は?

    コロナ抗体は「半年」持続で重症者ほど「活性」高い ワクチンでできる抗体は?

    AERA

    12/23

    加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    加速する新型コロナ “ワクチン開発”競争 モデルナがいよいよ3万人の臨床試験へ

    週刊朝日

    7/28

  • 悪玉抗体ができる心配も…コロナワクチン開発に警鐘

    悪玉抗体ができる心配も…コロナワクチン開発に警鐘

    週刊朝日

    10/30

    新型コロナにBCG効く背景に「訓練免疫」という新発見 「根拠不十分」でも大きな可能性

    新型コロナにBCG効く背景に「訓練免疫」という新発見 「根拠不十分」でも大きな可能性

    AERA

    5/15

  • 新型コロナ「再陽性」は例外? 同じウイルスに二度感染しない理由 <子どもの疑問に学者が本気で答えます 番外編>
    筆者の顔写真

    石川幹人

    新型コロナ「再陽性」は例外? 同じウイルスに二度感染しない理由 <子どもの疑問に学者が本気で答えます 番外編>

    dot.

    5/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す