糸井重里「責めるな。じぶんのことをしろ。」投稿の真意 「誰かが誰かを責める」風潮への疑問から

新型コロナウイルス

2020/05/08 11:30

 4月9日、糸井重里さんは自身のツイッターに一言「責めるな。じぶんのことをしろ。」と書き込み、いわゆる“炎上”状態になった。政権を責めるなと言っていると誤解され、政権擁護の発言だと受け取られた。1970年代からコピーライターとして第一線を走り続けてきた言葉のスペシャリストは、コロナ危機を取り巻く言葉をどう見ているのか。AERA 2020年5月4日-11日号から。

あわせて読みたい

  • “いい人”かどうか 「ほぼ日」糸井重里が人を選ぶ基準

    “いい人”かどうか 「ほぼ日」糸井重里が人を選ぶ基準

    週刊朝日

    11/24

    安田章大「僕の人生における“分岐点”」 ゴッホに五感を研ぎ澄まして挑む理由

    安田章大「僕の人生における“分岐点”」 ゴッホに五感を研ぎ澄まして挑む理由

    AERA

    7/9

  • まるで生き写し? 怪優ウィレム・デフォー、最新映画でゴッホを演じる

    まるで生き写し? 怪優ウィレム・デフォー、最新映画でゴッホを演じる

    AERA

    11/10

    もはや「ゴッホという病」? キュレーターがあぶり出す天才の素顔とは

    もはや「ゴッホという病」? キュレーターがあぶり出す天才の素顔とは

    AERA

    12/15

  • 糸井重里「自分が動かない代わりに誰かが動いている」コロナ禍で問われる感謝の想像力

    糸井重里「自分が動かない代わりに誰かが動いている」コロナ禍で問われる感謝の想像力

    AERA

    5/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す