離乳食はグチャグチャな子ほど幼児期にはスプーンの達人に 現役保育士がアドバイス

現役保育士が指南! 赤ちゃんはやわじゃない

AERAオンライン限定

2020/04/18 11:30

 離乳食は、赤ちゃんの月齢や発達によって食べ方が変化します。最初は親から食べさせてもらっていた離乳食ですが、少しずつ少しずつ自分で食べられるようになり1歳半頃には手づかみ食べやスプーンなどを使って、食事のほとんどを自分で食べる子が増えていきます。今回は、赤ちゃんの発達ごとの食べ方、この時期に必要なしつけを話します。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す