「卵と魚の中間みたいな…」ラッパー・Zeebraがレゲエを勉強して出会った不思議な野菜 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「卵と魚の中間みたいな…」ラッパー・Zeebraがレゲエを勉強して出会った不思議な野菜

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~14時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時26分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。Zeebraの最新情報は公式サイトや、twitter(@zeebrathedaddy)でチェック!!(写真:本人提供)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~14時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時26分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。Zeebraの最新情報は公式サイトや、twitter(@zeebrathedaddy)でチェック!!(写真:本人提供)

アキー/西アフリカ原産。未熟な果実は死に至るほどの毒を含み、皮が赤く熟して割れ、種や果肉が顔をのぞかせるようになれば食べられるとされる。ジャマイカでは食用だがアフリカではほとんど食べない。脂肪を多く含み、ビタミンやたんぱく質も豊富。ジャマイカの国民食と言われる「アキー&ソルトフィッシュ」はゆでたアキーと塩漬けのタラ、各種野菜を炒め合わせたもの。写真はジャマイカ料理店Good Wood Terrace(東京・渋谷)のアキー&ソルトフィッシュ(税別1200円)。(撮影/写真部・松永卓也)

アキー/西アフリカ原産。未熟な果実は死に至るほどの毒を含み、皮が赤く熟して割れ、種や果肉が顔をのぞかせるようになれば食べられるとされる。ジャマイカでは食用だがアフリカではほとんど食べない。脂肪を多く含み、ビタミンやたんぱく質も豊富。ジャマイカの国民食と言われる「アキー&ソルトフィッシュ」はゆでたアキーと塩漬けのタラ、各種野菜を炒め合わせたもの。写真はジャマイカ料理店Good Wood Terrace(東京・渋谷)のアキー&ソルトフィッシュ(税別1200円)。(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 アキーはとにかく変わった食べ物です。黄色で、食感は卵と白身魚の中間みたいな感じかなぁ。ちょっとクリーミーで味にはほとんど癖がありません。繊維質も全く感じられないし、食べた瞬間、えっ、これが野菜?って感じ。正確には木の実だそうですが、一番メジャーな使われ方は塩漬けの魚と炒めたジャマイカの名物料理「アキー&ソルトフィッシュ」です。

 ヒップホップとレゲエは兄弟のようなジャンルなので、色々と勉強していたころ、文献の中に出てきたんです。なかなか出会えなくて、ロサンゼルスのジャマイカ料理店で初めて食べたらこれがまぁ、うまかった。一緒に炒めた魚の旨みが染みていて、味も食感もほかに例えようがないんです。ジャマイカではその辺に生えているそうですが、日本では缶詰だけ。それも入手困難だそうです。熟す前は毒があるそうなので、扱いが難しいのかもしれません。

 さて、楽しく続けてきたこの連載も今回で終了です。アキーのように不思議で知られていない野菜はまだまだたくさんあるので、いつかまたお会いしましょう!

AERA 2020年3月30日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい