野村克也さんが生前語っていた「阪神は星野監督で良かったんだ」の真意 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

野村克也さんが生前語っていた「阪神は星野監督で良かったんだ」の真意

このエントリーをはてなブックマークに追加
小北清人AERA
1999年6月12日、サヨナラ安打を放った新庄剛志選手(右)と笑顔で握手をする阪神・野村克也監督(c)朝日新聞社

1999年6月12日、サヨナラ安打を放った新庄剛志選手(右)と笑顔で握手をする阪神・野村克也監督(c)朝日新聞社

2012年2月、ブルペンで談笑する野村・楽天名誉監督(中央)と星野監督 (c)朝日新聞社

2012年2月、ブルペンで談笑する野村・楽天名誉監督(中央)と星野監督 (c)朝日新聞社

 ぼやきの裏には、底知れぬプロ意識の高さがあった。

 プロ野球歴代2位となる通算3017試合出場などの記録を残し、監督としてもヤクルト、阪神、楽天などを渡り歩いた野球解説者の野村克也さんが11日死去したことがわかった。84歳だった。

【写真】ブルペンで談笑する野村克也さんと星野仙一さんはこちら

 ノムさんの愛称で親しまれ、現役時代は南海、 ロッテ、西武などで捕手を務めた。引退後も独特の語り節で野球業界を評してきた。その裏には、監督として指導しきれなかった選手への後悔もあった。

 2001年、当時監督を務めていた阪神が3年連続の最下位につき、同年12月に監督を辞任。後任の星野仙一監督が選手と結果を出す様子に、「なぜ私を嫌うのか」と苦悩した。

 だが、それでも“野村克也”であり続けた。

 野球への強い思いと「野球に関しては誰よりもよく知っている」というプライドが人々を魅了し、愛された。

 週刊誌「AERA」では、2002年6月3日号で、ノムさんの野球への愛と後悔を取材。選手とどう接すればよいのかを悩む名監督の様子は、人間らしさの表れでもあった。ここでは、当時語っていたノムさんや関係者らの言葉を再掲する。

*  *  *
 汚れちまった悲しみに、今日も小雪の降りかかる……

 いくら洗い流そうとしても、心の芯にどんどん溜まる、言いしれない胸のつかえ。誰もわかってくれないだろうと思いつつ、それでも「私の言い分」を語らずにいられない切なさ。

 5月15日、阪神前監督の野村克也が自著『女房はドーベルマン』出版の記者会見で吐き出した言葉の数々は、「失敗した監督」としては、後悔とも言い訳とも反論ともつかない、いや、そのどれもがない交ぜにされたものだった。

 いくらハッパをかけてもどうにもならなかった藪恵壹(やぶ・けいいち)と今岡誠が今季、見違える活躍を続けていることに、

「……正直言って、非常に裏切られた思いがある。彼ら2人とも監督室に呼んで話したのだが、それが悪かったのかもしれない。今岡には『本当に真剣にやっているのか。ファンに見てもらっていることを意識してプレーしろ』と。それが嫌われたのかな」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい