『わたし、定時で帰ります。』の作者・朱野帰子 4歳で衝撃を受けた父の言葉<現代の肖像>

働き方

2020/01/27 16:00

 働き方改革が進む中、話題になったドラマ「わたし、定時で帰ります。」の原作者は、どんな人生を生きてきたのか。父に植え付けられた仕事中毒への恐怖、就職氷河期に生じた自己否定。自ら経験し、見てきたすべてのリアリティーが、創作の源だ。仕事で受けた傷は、仕事を頑張る人の話でしか癒せない。AERA 2020年2月3日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • Superfly、吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』主題歌に新曲書き下ろし【コメントあり】

    Superfly、吉高由里子主演ドラマ『わたし、定時で帰ります。』主題歌に新曲書き下ろし【コメントあり】

    Billboard JAPAN

    4/8

    世界で最もクールな書店「誠品」が台湾から上陸 日本の建築シーンにも「中華の風」?

    世界で最もクールな書店「誠品」が台湾から上陸 日本の建築シーンにも「中華の風」?

    AERA

    10/12

  • 吉高由里子ドラマにカトリーヌあやこ「残業してくれる元カレが向井理 ねえし」
    筆者の顔写真

    カトリーヌあやこ

    吉高由里子ドラマにカトリーヌあやこ「残業してくれる元カレが向井理 ねえし」

    週刊朝日

    6/21

    Superfly、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』主題歌「Ambitious」の“過去最高に美しい”MV公開

    Superfly、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』主題歌「Ambitious」の“過去最高に美しい”MV公開

    Billboard JAPAN

    6/4

  • バスに間に合わない…2分早く退勤し続けた市職員に13万7千円の返金請求は妥当?同情の声も

    バスに間に合わない…2分早く退勤し続けた市職員に13万7千円の返金請求は妥当?同情の声も

    dot.

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す