「ワクチンさえ接種していれば…」「誰にも同じ思いはしてほしくない」母親が語る後悔

2020/01/20 17:00

 妊娠中の女性が風疹に感染すると、生まれてくる子どもが心疾患、難聴、白内障の疾患が生じる先天性風疹症候群になる恐れがある。ワクチン接種でほぼ感染を防げるにもかかわらず、事例が報告されている。AERA 2020年1月20日号から。

あわせて読みたい

  • インフルエンザだけじゃない! 妊娠中に接種しておきたいワクチンとその効果とは?
    筆者の顔写真

    森田麻里子

    インフルエンザだけじゃない! 妊娠中に接種しておきたいワクチンとその効果とは?

    dot.

    1/23

    インフルエンザにかかりやすい人ってどんな人?〈免疫力〉について考えよう

    インフルエンザにかかりやすい人ってどんな人?〈免疫力〉について考えよう

    tenki.jp

    1/27

  • エクセル計算したら周囲から浮く…PTA作業に悲鳴

    エクセル計算したら周囲から浮く…PTA作業に悲鳴

    AERA

    5/7

    世界中から「予防接種を決めた」 百日咳ワクチン未接種で息子を失った母親が伝えたいこと

    世界中から「予防接種を決めた」 百日咳ワクチン未接種で息子を失った母親が伝えたいこと

    AERA

    1/21

  • 先天性風疹症候群で心疾患、難聴、白内障 「防ぐ方法はわかっているのに」30代女性のジレンマ

    先天性風疹症候群で心疾患、難聴、白内障 「防ぐ方法はわかっているのに」30代女性のジレンマ

    AERA

    1/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す