<現代の肖像>玉城デニー 多くの人を包み込む力で「民主主義の逆襲」を狙う

現代の肖像

2019/11/25 12:30

 2018年に亡くなった翁長雄志の弔い合戦で、沖縄県知事選に立候補し、過去最多の票を獲得して当選した玉城(たまき)デニー(60)。音楽を愛し、ギターを弾く姿も知られるが、幼少時代は容姿でいじめられたこともあった。会ったことのない父はアメリカ人、働きに出た母に代わり、「育ての母」もいる。母子家庭で育ったことは、デニーを強くした。辺野古の新基地建設阻止のため、国内外を飛び回る。『AERA』2019年12月2日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • 辺野古の新基地9300億円に膨張、米シンクタンク「完成可能性低い」 専門家「もはやスガ案件」

    辺野古の新基地9300億円に膨張、米シンクタンク「完成可能性低い」 専門家「もはやスガ案件」

    AERA

    12/1

    玉城デニー知事「辺野古移設は『危なさの平行移動』でしかない」

    玉城デニー知事「辺野古移設は『危なさの平行移動』でしかない」

    AERA

    3/5

  • エネルギー源は県民の「民意」 玉城知事、普天間返還への真剣勝負

    エネルギー源は県民の「民意」 玉城知事、普天間返還への真剣勝負

    AERA

    4/10

    「本音は辺野古不要」小沢一郎氏が語る、米軍の意外な真意とは?

    「本音は辺野古不要」小沢一郎氏が語る、米軍の意外な真意とは?

    AERA

    4/10

  • 玉城デニー知事「自分ごととして考えてほしい」 全国で基地問題を訴える意図

    玉城デニー知事「自分ごととして考えてほしい」 全国で基地問題を訴える意図

    AERA

    1/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す