親が血眼になって子の“楽器”探す…小川洋子の新作が想起させる出来事

読書

2019/11/18 08:00

 作家の小川洋子さんが新作の長編『小箱』を上梓した。作品の舞台は元幼稚園で、その講堂にはびっしりとガラスの小箱が置かれている。それは「死んだ子どもの未来を保存するための箱」。語り手の「私」は元幼稚園に暮らし、番人のように小箱や、訪れる親たちを見守る。着想の背景には、若くして亡くなったわが子が死後の世界で結婚できるよう、結婚式の様子を描いてお寺に奉納する「ムカサリ絵馬」という東北の風習がある。死のにおいがする同作品は、多くの人にとって忘れることのできないあの出来事を想起させる。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 小さな声に耳を澄ます 小川洋子が7年ぶりの書き下ろし長編『小箱』で描く世界

    小さな声に耳を澄ます 小川洋子が7年ぶりの書き下ろし長編『小箱』で描く世界

    AERA

    11/18

    東北に残る死後婚という風習 作家・小川洋子が出合った「ムカサリ絵馬」とは

    東北に残る死後婚という風習 作家・小川洋子が出合った「ムカサリ絵馬」とは

    dot.

    10/7

  • 「作っている人間こそが尊い」 小説家が教える工場と人の魅力、“工場見学エッセー”で

    「作っている人間こそが尊い」 小説家が教える工場と人の魅力、“工場見学エッセー”で

    AERA

    4/12

    喋らないゴリラ、言葉を持った人間の悲哀 小川洋子のゴリラ論
    筆者の顔写真

    延江浩

    喋らないゴリラ、言葉を持った人間の悲哀 小川洋子のゴリラ論

    週刊朝日

    6/9

  • 作家・小川糸が語る死「もしかしたら気持ちいいかもしれない」

    作家・小川糸が語る死「もしかしたら気持ちいいかもしれない」

    週刊朝日

    7/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す