「レンコンのマンション」「オクラの星空」子どもたちが苦手な野菜の余った部分でスタンプに!? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「レンコンのマンション」「オクラの星空」子どもたちが苦手な野菜の余った部分でスタンプに!?

連載「子どもの自立心は料理で育つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
武田昌美AERA#AERAオンライン限定
野菜の切れ端をスタンプにしてお絵描き

野菜の切れ端をスタンプにしてお絵描き

レンコンとニンジンのきんびら。切れ端をスタンプにするために、断面がわかる切り方をしています

レンコンとニンジンのきんびら。切れ端をスタンプにするために、断面がわかる切り方をしています

 子どものための料理教室「リトルシェフクッキング」代表の武田昌美さんが、子どもと料理を楽しむコツや、レシピを紹介します。忙しい毎日のなかで、小さな子どもと料理をするのは大変そうですし、安全面も心配です。でも、コツさえつかめば大丈夫。親子のコミュニケーションにもなるし、親の知らない子どもの才能をのばすきっかけになります。なにより、一緒に作った料理は格別ですよ。

*  *  *
 私はレンコンが大好物で、あのシャキシャキ食感がたまらないのですが、我が家の6歳と3歳の子ども達はあまり好きではないようです。
一方で、子どもたちはレンコンの不思議な形が大好きです。レンコンの穴を見て、「レンコンのお部屋に何がいるのかな?」なんて言いながら、ファンタジーの世界を広げています。

 好奇心旺盛な子どもたちにとって、野菜のかたちは不思議なようです。
パプリカの中身が空洞だったり、ブロッコリーの木みたいな形、そら豆はフカフカのベッドの中で眠ってるみたいなど、どれもこれも面白い形に見えて、わくわくした目で眺めています。

 レンコンをどうにかして好きになってほしい!

 そんな思いで、レンコンの端っこの部分を使ってスタンプを作りました。

 作り方は簡単で、レンコンの断面に好きな絵の具をつけてペタペタと押していくだけ。

 スタンプ台でもよいのですが、私は野菜の種や汁がスタンプ台につくのが嫌なので絵の具を使用しています。絵の具なら色も豊富なので、想像力も広がります。

 牛乳パックを切り開いたものの上に絵の具を出して水を少しずつ足しながら作業すれば、終わったら捨てればOKなので後片付けも簡単です。

 実際、野菜のヘタや断面はどれも面白いかたちをしていて、スタンプにピッタリです。

 子どもたちはレンコンの断面を眺めながら、「穴が空いてるー」と楽しそうにしていました。そのままスタンプでペタペタ押していきます。何を想像しながら作ってるのかな?と思って眺めていると、その穴の一つ一つがマンションの部屋とのこと。レンコンでマンション……子どもの発想力には驚かされます。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい