「ウルウルしながら走った」車いすラグビー日本代表が初体験の大歓声

2019/11/02 17:00

 日本の快進撃に盛り上がったラグビーW杯だが、実はもう一つのラグビーW杯「車いすラグビーワールドチャレンジ2019」も開催された。3万5千人が熱狂し大歓声で選手たちを鼓舞した。AERA 2019年11月4日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「もう一つのラグビーW杯」も大熱狂 車いすラグビーの魅力とは?

    「もう一つのラグビーW杯」も大熱狂 車いすラグビーの魅力とは?

    AERA

    11/2

    車いすラグビーには“整備の神様” パラ選手が信頼寄せる黒衣たち

    車いすラグビーには“整備の神様” パラ選手が信頼寄せる黒衣たち

    AERA

    8/2

  • 池崎大輔選手「スポーツが生きる力を与えてくれた」 パラアスリート達を救ったスポーツの力

    池崎大輔選手「スポーツが生きる力を与えてくれた」 パラアスリート達を救ったスポーツの力

    AERA

    1/4

    車いすラグビーのエース池透暢 座面が他選手より10センチ近く高い理由

    車いすラグビーのエース池透暢 座面が他選手より10センチ近く高い理由

    AERA

    8/25

  • 車いすラグビー日本代表で唯一の女子選手・倉橋香衣 「男女の区別なく戦えるところがいい」

    車いすラグビー日本代表で唯一の女子選手・倉橋香衣 「男女の区別なく戦えるところがいい」

    AERA

    8/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す