厚労省424病院「実名公表」の深刻な余波 地方の医師不足に拍車「採用辞退」も

2019/11/01 08:00

 厚生労働省は9月末、診療実績が乏しいなどと判断した全国の公立・公的病院、424病院を公表した。統廃合も含め、再編の検討を求めるという。だが、地方の病院が苦しんでいるのは医師不足だ。AERA 2019年11月4日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「淘汰されそうな病院」全424病院 切り捨てられる過疎地医療

    「淘汰されそうな病院」全424病院 切り捨てられる過疎地医療

    週刊朝日

    12/6

    424病院再編で名指しされた有名病院トップが反論 「厚労省の乱暴なやり方に憤りを感じる」

    424病院再編で名指しされた有名病院トップが反論 「厚労省の乱暴なやり方に憤りを感じる」

    週刊朝日

    12/11

  • コロナショックで消える病院が一転存続も…迷走する「病院の統廃合」

    コロナショックで消える病院が一転存続も…迷走する「病院の統廃合」

    週刊朝日

    4/3

    病院「再編」リストに国立病院機構30病院の衝撃 「切り捨て」辞さない省内の空気感

    病院「再編」リストに国立病院機構30病院の衝撃 「切り捨て」辞さない省内の空気感

    AERA

    11/1

  • コロナ病床「負け組病院」は汚名返上せよ 厚労省は「範」を示せ

    コロナ病床「負け組病院」は汚名返上せよ 厚労省は「範」を示せ

    dot.

    9/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す