関電問題を待ち受ける今後は…賠償責任に刑事事件の可能性も

2019/10/16 08:00

 また、株価の大幅な下落や関電の損害が明らかになった時点で、株主代表訴訟も予想される。経営陣は、多額の賠償責任を負う可能性がある。内部管理体制の構築や情報開示で明確な法令違反が見つかれば、東京証券取引所が関電を、上場廃止の前段階とも言える「特設注意市場銘柄」に指定することも考えられる。

 最も深刻なのは、国内外の投資家に対して、日本のコーポレート・ガバナンス全体への信頼が失われたことだ。

 06年には労働者の保護を盛り込んだ公益通報者保護法が施行され、08年には内部統制報告制度がスタートした。15年には金融庁のコーポレートガバナンス・コードの適用も始まり、この十数年間で、上場企業の内部統制やリスク管理体制、情報開示の水準は格段に上がった。関西電力もCSR行動憲章を策定し、コンプライアンスの徹底を打ち出している。

 関西電力は社外取締役に元三菱UFJフィナンシャル・グループ会長ら4人、社外監査役にも元大阪高検検事長ら4人と日本のエスタブリッシュメントをそろえる「優等生」のはずだった。その関電で起きた「ガバナンス崩壊」で、日本のコーポレート・ガバナンスやコンプライアンスは地に落ちたと言っていい。

(朝日新聞経済部・加藤裕則)

AERA 2019年10月21日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 謝罪会見翌日に関電監査役が現れた驚きのステージとは 当事者意識欠如に非難集中

    謝罪会見翌日に関電監査役が現れた驚きのステージとは 当事者意識欠如に非難集中

    AERA

    10/16

    関西電力3億2千万円“裏金” 今年3月に出回った告発文書【独占入手】

    関西電力3億2千万円“裏金” 今年3月に出回った告発文書【独占入手】

    週刊朝日

    9/29

  • 関電“倍返し”金品受け取り問題発覚から1年 新旧経営陣いまだ対立

    関電“倍返し”金品受け取り問題発覚から1年 新旧経営陣いまだ対立

    週刊朝日

    10/9

    田原総一朗「“収賄”にまみれ被害者面の関電幹部たちは辞任せよ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「“収賄”にまみれ被害者面の関電幹部たちは辞任せよ」

    週刊朝日

    10/9

  • 関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書

    関電の3億6千万円の裏金問題 「工事で不正はあった」と報告書

    週刊朝日

    3/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す