批評家が教える「つまらない」作品の楽しみ方 意外な視点とコツとは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

批評家が教える「つまらない」作品の楽しみ方 意外な視点とコツとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#読書
北村紗衣(きたむら・さえ)/1983年、北海道士別市生まれ。専門はシェイクスピア、フェミニスト批評。東京大学大学院修士課程修了後、キングズ・カレッジ・ロンドンで博士号取得。現在、武蔵大学准教授(撮影/写真部・片山菜緒子)

北村紗衣(きたむら・さえ)/1983年、北海道士別市生まれ。専門はシェイクスピア、フェミニスト批評。東京大学大学院修士課程修了後、キングズ・カレッジ・ロンドンで博士号取得。現在、武蔵大学准教授(撮影/写真部・片山菜緒子)

君が異端だった頃

島田 雅彦

978-4087711905

amazonamazon.co.jp

「この本は高校生に読んでもらえたらと思って、書き方も普段よりはどぎつくないように意識しました。高校生だと実際の舞台を見るのは難しいかもしれませんが、世の中にはいろいろと面白いものがあることを伝えたいんです」

(ライター・矢内裕子)

■リブロの野上由人さんのオススメの一冊

『君が異端だった頃』は、文壇の貴公子・島田雅彦による自伝的青春小説だ。リブロの野上由人さんは、同著の魅力を次のように寄せる。

*  *  *
 現在は芥川賞の選考委員、今年58歳になった「文壇の貴公子」の自伝小説。大江健三郎が「四国の森」、中上健次が「紀州の路地」なら、島田雅彦は「郊外」の作家。行政区でいえば川崎市だ。

 中学校までを「縄文時代」、大学進学までを「南北戦争」、大学在学中に小説家デビューし芥川賞候補3回のあと初の長編『天国が降ってくる』までを「東西冷戦」、さらに3回芥川賞候補になりながら最多落選記録(6回)を樹立した昭和末期を経て中上健次が亡くなる1992年の『彼岸先生』脱稿までを「文豪列伝」として4部にまとめた。

 後半は埴谷雄高、大岡昇平、安部公房、大江健三郎、中上健次ら先輩作家との交流の記録が続き、文壇史的にも貴重。

 これを自伝の第1期とするなら、次は95年『忘れられた帝国』あたりから始まるであろう第2期にも期待が高まる。

AERA 2019年9月30日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい