ラグビーW杯「フェラーリ」松島幸太朗がハットトリック! 中村亮土「試合2日前」の一言が… (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラグビーW杯「フェラーリ」松島幸太朗がハットトリック! 中村亮土「試合2日前」の一言が…

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半28分、松島幸太朗のトライ(撮影/写真部・東川哲也)

後半28分、松島幸太朗のトライ(撮影/写真部・東川哲也)

「ボーナスポイントはマストだったので、そこは絶対取れという話もしていた。誰がとってもいいように、みんな準備していた」(松島)

 実はこのハットトリック、松島自身が「あの言葉が助けになった」というチームメイトの一言がある。試合2日前の公式会見で、センター(CTB)中村亮土が「松島が3トライするって言っていた」と明かしたのだ。松島によると、練習の前後に一度そういう話をしたという。

「中村亮土が(会見で)言わなかったら、もしかしたらできなかったんで。ハットトリックを意識しながらできました」(松島)と、プレッシャーを力に変えた。

 ジンバブエ人の父(故人)と日本人の母を持ち、南アフリカで生まれた。幼少期に来日し、神奈川・桐蔭学園高校卒業後に、南アフリカのプロチーム育成組織に進んだが、やはり日本代表になりたいと、帰国した。

「僕自身こうやってスタメンで立てて、スピードも勝つことができたので。すごいなと。親にいいところを見せることができたかな」(松島)

 次回は現在世界ランク1位のアイルランドと対戦する。

「僕だけじゃなく、チームとしてもっとトライできたと思う。そこを仕留めれないと、この先もっと厳しい戦いになるので、そこをしっかりフィニッシュできるようにしていきたい」

(編集部・深澤友紀)

※AERAオンライン限定記事


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい