ピアスの穴あけ、入れ墨もリスク…知らなきゃ損する「感染がん」予防策

ヘルス

2019/09/23 11:30

 2人にひとりががんになる時代。がんを防ぐのは容易ではないが、 原因がわかれば手を打てる。その好例が「感染で起こるがん」だ。AERA 2019年9月23日号から。

あわせて読みたい

  • 飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    週刊朝日

    9/5

    「1歳半までに10種24回」子どもの予防接種を賢く乗り切る方法

    「1歳半までに10種24回」子どもの予防接種を賢く乗り切る方法

    週刊朝日

    10/24

  • 「神の子」山本KID徳郁さんを襲った胃がん 40代の罹患率は低いが高齢者ほど高まる理由は?

    「神の子」山本KID徳郁さんを襲った胃がん 40代の罹患率は低いが高齢者ほど高まる理由は?

    週刊朝日

    9/19

    食欲がない、よく眠れない… 自覚症状がなくてもC型肝炎の可能性が!

    食欲がない、よく眠れない… 自覚症状がなくてもC型肝炎の可能性が!

    週刊朝日

    1/9

  • 猫5割、犬3割が感染 胃の悪性腫瘍を引き起こす細菌とは

    猫5割、犬3割が感染 胃の悪性腫瘍を引き起こす細菌とは

    AERA

    9/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す