「セカオピ」取るとき、医師も患者もラクになる魔法の言葉

病気

2019/09/21 11:30

 納得できる治療を受けるためには、医師と良好な関係を築いておくべきだ。無駄に誤解や軋轢を生まないために、どんなことに気を付ければいいのか。AERA 2019年9月23日号から。

あわせて読みたい

  • 「セカンドオピニオン」を聞いた病院にそのまま転院したい 医師の答えは!?

    「セカンドオピニオン」を聞いた病院にそのまま転院したい 医師の答えは!?

    週刊朝日

    5/4

    「主治医が忙しそうで質問できない…」 がん患者が困ったときに相談できる場所とは?

    「主治医が忙しそうで質問できない…」 がん患者が困ったときに相談できる場所とは?

    週刊朝日

    11/17

  • 「その歯は本当に抜いていい?」歯科のセカンドオピニオンが増加中

    「その歯は本当に抜いていい?」歯科のセカンドオピニオンが増加中

    週刊朝日

    10/28

    【セカンドオピニオン】医師と気まずくならない伝え方 「遠慮することはない」がん診療連携拠点病院の元院長

    【セカンドオピニオン】医師と気まずくならない伝え方 「遠慮することはない」がん診療連携拠点病院の元院長

    dot.

    5/30

  • 医師に聞いた「セカンドオピニオン」の“上手な受け方”

    医師に聞いた「セカンドオピニオン」の“上手な受け方”

    週刊朝日

    5/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す