競泳の50メートルプール、実は2センチ長かった! 競泳のうんちく5連発 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

競泳の50メートルプール、実は2センチ長かった! 競泳のうんちく5連発

このエントリーをはてなブックマークに追加
【東京五輪で輝け! 瀬戸大也選手】1994年、埼玉県生まれ。2013年、世界選手権大会の男子400メートル個人メドレーで日本人初となる金メダルを獲得し、15年の同大会でも優勝して2連覇を達成。16年のリオ五輪の同種目で銅メダルを獲得し、金メダルの萩野公介選手とともに、競泳の日本選手では60年ぶりに同一種目での複数表彰台を達成。7月に韓国・光州であった世界選手権では、400メートル・200メートル個人メドレーで優勝し、東京五輪出場を決めた (c)朝日新聞社

【東京五輪で輝け! 瀬戸大也選手】
1994年、埼玉県生まれ。2013年、世界選手権大会の男子400メートル個人メドレーで日本人初となる金メダルを獲得し、15年の同大会でも優勝して2連覇を達成。16年のリオ五輪の同種目で銅メダルを獲得し、金メダルの萩野公介選手とともに、競泳の日本選手では60年ぶりに同一種目での複数表彰台を達成。7月に韓国・光州であった世界選手権では、400メートル・200メートル個人メドレーで優勝し、東京五輪出場を決めた (c)朝日新聞社

 話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』では、毎号、一つのスポーツを取り上げて、やっても見ても楽しくなるうんちく(深~い知識)を紹介するよ。8月号では、水泳(競泳)を取り上げました。

*  *  *
<競技の内容>
 一定の距離を決められた泳法(自由形、背泳ぎ、バタフライ、平泳ぎ)で泳いでタイムを競う。2020年の東京五輪では、800メートル自由形(男子)、1500メートル自由形(女子)、4×100メートルメドレーリレー(混合)の3種目が新たに加わり、種目数は35となる。

<競泳のうんちく5連発>

(1)プールでなくて川が会場!?

 1900年のパリ大会(フランス)の競泳会場は、プールではなくセーヌ川だった。プールで行われるようになったのは24年後。2024年のパリ大会では、トライアスロンなどの水泳競技の会場がセーヌ川と決まり、準備が進められている。

(2)プールの長さは50メートル+2センチ!

 五輪などの大きな大会は、50メートルプールで行われる。ただし、実際の50メートルプールは少し長く、50メートル+2センチになるように規則で定められている。記録計測に必要な厚さ1センチのタッチ板を、両端にそれぞれ1枚ずつ設置するためだ。

(3)バタフライは平泳ぎから進化した!?

 近代五輪が始まったころの最速泳法は平泳ぎで、どんな泳ぎ方でもOKの「自由形」は、全員が平泳ぎだった。その後、平泳ぎより速い背泳ぎや、新泳法・クロールが開発されて自由形の主役は取って代わり、平泳ぎは別種目として独立。さらに、「うつ伏せで左右の手足の動きが対称」という平泳ぎのルールにかない、平泳ぎよりも速い新泳法・バタフライも開発されたが、平泳ぎと同種目とするのは厳しくなり1956年のメルボルン大会(オーストラリア)からはバタフライが平泳ぎとは別種目として独立した。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい