日本語検定1級保持 日本デビュー韓国の「国民的歌手」イ・ジョクって? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本語検定1級保持 日本デビュー韓国の「国民的歌手」イ・ジョクって?

このエントリーをはてなブックマークに追加
酒井美絵子AERA
イ・ジョク/1974年2月28日生まれ。95年、歌手デビュー。2018年、アルバム「イ・ジョク BEST SELECTION ~よかった~」で日本デビュー(撮影/写真部・加藤夏子)

イ・ジョク/1974年2月28日生まれ。95年、歌手デビュー。2018年、アルバム「イ・ジョク BEST SELECTION ~よかった~」で日本デビュー(撮影/写真部・加藤夏子)

 日本はもちろん、今や世界中から支持される韓国の音楽。その韓国で根強い人気を誇り、「国民的歌手」とされるのが、昨年日本デビューを果たした歌手、イ・ジョクだ。

*  *  *
 韓国に行くと、イ・ジョクさん(45)の曲がそこかしこから聞こえてくる。彼自身の歌声はもちろん、彼の楽曲をK‐POPアーティストがカバーしていたり、オーディション番組の参加者が歌っていたりする。

 日本で韓国の音楽といえばK‐POPアイドルが浮かぶが、イ・ジョクさんの音楽は老若男女に愛される「国民的楽曲」。結婚式やカラオケの定番曲は数知れない。なぜ、長く愛され続けるのか。そう質問するとイ・ジョクさんはこう笑った。

「僕の音楽はレトロだから。どうせ古いから、時間が経っても古く聞こえないのでしょう(笑)」

 流行にとらわれない姿勢は、1995年のデビュー当初から変わっていない。昨年、デビュー23年目にして日本デビューを果たした。きっかけとなったのは“40代の渇き”。新しいことに挑戦したい気持ちがあったという。

 同じことを20年もやっていると、自分のいる社会や環境に慣れてきて、新しい刺激が欲しくなる。それに40代になって後輩が増え、周りから大先輩として扱われるようになった。スポーツで言うと、いざという時に出てくるベテラン選手というか、コーチ的存在というか。僕はそういうのがすごく嫌なので、オーディション番組の審査員の仕事が来ても、すべて断っています。いつまでも現役でいたいんです。そんなことを思っているときに日本デビューのお話をいただき、「これだ」と思いました。日本での僕は、「誰も知らないオッサン歌手」ですから(笑)。

 曲のテーマは恋愛や家族から社会問題までさまざま。手がける楽曲もまた、優しいメロディーのバラードからロックやラップ音楽、テクノ歌謡まで幅広い。

 どうやって着想を得ているのか。代表的な曲について、教えてもらった。まず、2007年発表の「よかった」。イ・ジョクさん最大のヒット曲で、結婚式の定番ソングだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい