パタゴニアが参院選投票日に全店休業…決断の背景に「若者の低投票率」

2019/07/17 16:00

 アウトドア企業のパタゴニア日本支社が、参議院議員選挙投票日に直営店全店を休業する。従業員が投票しやすいようにするのが目的だ。背景にはこの社会への危機感がある。

あわせて読みたい

  • パタゴニアが7月21日に全直営店を休みにする理由

    パタゴニアが7月21日に全直営店を休みにする理由

    週刊朝日

    7/12

    コムアイらYouTubeで「私も投票します」と呼びかけ 若者の投票率を上げる新たな試み

    コムアイらYouTubeで「私も投票します」と呼びかけ 若者の投票率を上げる新たな試み

    AERA

    10/28

  • なぜ選挙権年齢が18歳に引き下げられたのか? 準備しておくべきこととは

    なぜ選挙権年齢が18歳に引き下げられたのか? 準備しておくべきこととは

    dot.

    7/2

    米大統領選で見えた若者のリベラル志向 高齢の候補者ばかりで「選択肢がない」の声も

    米大統領選で見えた若者のリベラル志向 高齢の候補者ばかりで「選択肢がない」の声も

    AERA

    11/10

  • ネット投票、一番のネックは「勝ち組」議員? “ファクスはOK”の現実

    ネット投票、一番のネックは「勝ち組」議員? “ファクスはOK”の現実

    週刊朝日

    10/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す