安倍首相、G20主役のはずが“蚊帳の外” 与党内で「オウンゴール」の声も (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安倍首相、G20主役のはずが“蚊帳の外” 与党内で「オウンゴール」の声も

このエントリーをはてなブックマークに追加
G20大阪サミット集合写真に納まる安倍首相(中央)と各国の首脳。トランプ大統領から衝撃のツイートが飛び出したのはこの翌日だった/6月28日、大阪市住之江区、代表撮影

G20大阪サミット集合写真に納まる安倍首相(中央)と各国の首脳。トランプ大統領から衝撃のツイートが飛び出したのはこの翌日だった/6月28日、大阪市住之江区、代表撮影

 参院選直前に開かれたG20で「外交の安倍」をアピールしようとした安倍首相。 だが主役の座は盟友のはずのトランプ大統領に奪われ、残ったのは「炎上」だけだ。

*  *  *
 昨日まで世界の主役だったはずの安倍晋三首相は、世界が注目する舞台に居合わせることさえできなかった。

 始まりは、6月29日午前8時前、トランプ大統領が大阪から発信したツイートだった。

「もし金委員長がこれを見ているなら、非武装地帯(DMZ)で握手して挨拶する用意がある」

 大阪で開催されていたG20大阪サミット最終日、プレスルームに詰めていた世界各国の報道陣が騒然となった瞬間だった。その2時間後、トランプ大統領の姿はサミット会場にあった。

「ツイッター見た?」

 会議が始まる前、トランプ大統領は、韓国の文在寅大統領に近付き、そう尋ねた。文氏が「はい」と応じると、トランプ氏は「一緒に努力しよう」と親指を立てたという。

 これが事実なら、事実上、わずか2時間の間に3回目の米朝首脳会談実現への流れが決まったことになる。

 もっとも泡を食ったのは日本政府だ。この時点で、G20終了後のトランプ大統領の行動を正確に把握していなかった。当然、米国が日本を脇に置いて、水面下で韓国と歴史的政治ショーの準備をしているとは夢にも思わなかっただろう。

 何しろ徴用工問題をきっかけに、日本と韓国の関係は悪化。日本政府は韓国が要請した首脳会談はおろか、略式会談にさえ応じなかった。日韓議員連盟に所属する国会議員からは「戦後最悪の日韓関係」との声も聞こえてくる。しかし、安倍首相は、現在の日韓関係をあらゆる意味で利用しようとしていると、政府関係者の一人は語る。

「世界の首脳が集まるサミットで、議長国である日本からも相手にされず、孤立している韓国というイメージを作る目的があった。そして、東アジアにおけるイニシアチブは日本にあることを、米国をはじめ世界の国々に見せつけようとしたのでしょう」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい