大阪2児置き去り事件を題材に 「フィクションの中の現実」で本質見つめ直す

2019/07/11 11:30

 小説家の山田詠美さんによる『つみびと』は、フィクションでしか書けない「現実」と、虐げられる者たちの心理を描いた長編小説だ。著者の山田さんに、同著に込めた思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • つみびと

    つみびと

    週刊朝日

    7/18

    賢者の愛

    賢者の愛

    週刊朝日

    2/13

  • 「歴史の中に消えた男を6年追った」 作家が教える「質のいいノンフィクション」とは?

    「歴史の中に消えた男を6年追った」 作家が教える「質のいいノンフィクション」とは?

    AERA

    2/25

    『昭和史』の著者・半藤一利が、最新作で「次世代の覚悟を問う」

    『昭和史』の著者・半藤一利が、最新作で「次世代の覚悟を問う」

    AERA

    1/2

  • 盗用疑惑『美しい顔』にみる、新潮社と講談社の遺恨

    盗用疑惑『美しい顔』にみる、新潮社と講談社の遺恨

    dot.

    7/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す