脳性まひの子にきょうだいの臍帯血投与を 治療実現を求めて親たちが署名活動

AERAオンライン限定

2019/06/28 11:30

 脳性まひの治療をあきらめない――。自己臍帯血を使った脳性まひ治療の研究が進むが、本人の臍帯血を残しているケースはめったにない。脳性まひの子の弟や妹の臍帯血を使った治療の実現を願う親たちがいる。

あわせて読みたい

  • “マタ旅”は危険? リスク知って赤ちゃん守ろう

    “マタ旅”は危険? リスク知って赤ちゃん守ろう

    AERA

    3/3

    出産時のリスク 「陣痛促進剤と脳性まひ」本当の関係

    出産時のリスク 「陣痛促進剤と脳性まひ」本当の関係

    週刊朝日

    5/16

  • 闇医療の陰にさい帯血 民間バンクから流出 無届け治療で医師ら逮捕

    闇医療の陰にさい帯血 民間バンクから流出 無届け治療で医師ら逮捕

    AERA

    9/7

    医療的ケア児の通学をあきらめない “前例ない”覆した主治医の言葉とは?

    医療的ケア児の通学をあきらめない “前例ない”覆した主治医の言葉とは?

    AERA

    2/7

  • 脳性まひの小児科医・熊谷晋一郎 人生は過酷なリハビリの記憶から始まった<現代の肖像>

    脳性まひの小児科医・熊谷晋一郎 人生は過酷なリハビリの記憶から始まった<現代の肖像>

    AERA

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す