ラッパー・Zeebra、世界的アーティストTOMI-Eと過ごした「ピリ辛」な誕生日 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラッパー・Zeebra、世界的アーティストTOMI-Eと過ごした「ピリ辛」な誕生日

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。CM撮影ではリリックと身体の動きを入念にチェック(撮影/大野洋介)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。CM撮影ではリリックと身体の動きを入念にチェック(撮影/大野洋介)

実山椒/日本原産とされる。同属異種は世界中にあり、中国料理の花椒は華北山椒といわれる中国のもの。国内では「実山椒」と呼ばれるのは未熟な果実で、佃煮や、チリメンジャコと混ぜた「ちりめん山椒」に用いられる。薬味として使用される粉末は熟した果実の果皮を粉末にしたもの。樹皮や果皮は生薬としても知られ、正月に飲む「お屠蘇」の屠蘇散にも含まれている(撮影/写真部・松永卓也)

実山椒/日本原産とされる。同属異種は世界中にあり、中国料理の花椒は華北山椒といわれる中国のもの。国内では「実山椒」と呼ばれるのは未熟な果実で、佃煮や、チリメンジャコと混ぜた「ちりめん山椒」に用いられる。薬味として使用される粉末は熟した果実の果皮を粉末にしたもの。樹皮や果皮は生薬としても知られ、正月に飲む「お屠蘇」の屠蘇散にも含まれている(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 「山椒は小粒でもぴりりと辛い」って言いますよね。世界的に活躍するTOMI(トミー)−E(イー)というグラフィティアーティストがまさにそれです。友だちで、小粒なんですけど、お酒を飲む量と飲んだときの暴れっぷりが半端ない。あいつと遊ぶときは、ある意味死を覚悟しますね。少なくとも、次の日の夜までは一緒に飲むっていう覚悟が必要なんです。

 先日は僕の誕生日になったばかりの深夜0時に電話がかかってきて、「今日は俺に身を預けてくんねぇか」と。最終的に、彼のアトリエで僕と、僕の弟と3人でブレイクダンスバトルに。翌日電話で「体中に擦り傷あるんだけど、何か知らねぇ?」って聞かれました。

 山椒と言えば鰻。実は、あの組み合わせを覚えたのはここ15年ぐらいなんです。蒲焼きをつまみに酒を飲んでるとき、試しにかけてみて「ほー、まぁ、ありかな?」って。ただ、今でも鰻重にはかけません。山椒って、口がスーッとするじゃないですか。僕、歯磨きをしたすぐ後にごはんを食べるのがちょっとイヤで。ごはんに清涼感はいらないんですよね。

AERA 2019年6月24日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい