皇后雅子さまと天皇陛下が初の地方訪問で見せた、新しい「懇談スタイル」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

皇后雅子さまと天皇陛下が初の地方訪問で見せた、新しい「懇談スタイル」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中田絢子AERA#皇室
ある少女から「私の名前もアイコです」と告げられ、雅子さまが「あら!」とうれしそうにする場面も。雅子さまから天皇陛下を誘い、手を振る様子もみられた (c)朝日新聞社

ある少女から「私の名前もアイコです」と告げられ、雅子さまが「あら!」とうれしそうにする場面も。雅子さまから天皇陛下を誘い、手を振る様子もみられた (c)朝日新聞社

 沿道の人波は途切れることがなかった。車窓から笑顔で手を振り続ける皇后雅子さま。天皇陛下とともに自ら人々の間に入っていく、お二人の懇談スタイルも新鮮だ。

【写真記事】「かわいすぎるプリンセス」振袖&ドレス姿の佳子さまはこちら

*  *  *
 車いすの女性の目線に合わせるように、皇后雅子さまはひざを折り、身をかがめながらたずねた。「お名前は何て言われるんですか」。傍らにいた職員が「高橋朝子(あさこ)さんです」とこたえると、雅子さまは女性の目を見つめながら「朝子さん?」と呼びかけた。恥ずかしそうに「はい」と答えた高橋さん。とても嬉しそうだったという。

 6月2日午後、愛知県岡崎市の県三河青い鳥医療療育センターでの出来事だ。

 皇室の代替わり後、天皇、皇后両陛下による初の地方訪問。1、2の両日で愛知県の5市をめぐり、行く先々で大歓迎を受けた。県警によると、待ち受けた人々は、のべ7万人超。あまりの人の多さに、視察先への到着が10分以上遅れた場面もあった。

「予想以上に人が多かった。今後の計画を立てる際の参考にしていかなければ」。日程立案に携わった宮内庁の担当者が反省を口にしたほどだ。

 沿道には、子育て世代の女性や子どもたちが多く、みな明るい笑顔を浮かべていた。SNS上には、車の左後部の窓を開け、笑顔で手を振り続ける雅子さまの写真や動画が多く投稿された。

 初日の1日、愛知は気温25度を超える夏日を記録。両陛下は、外で待つ大勢の人々が、「暑い中で直射日光を受けている」と体調を案じた様子だったという。午後に最初の視察先である、あま市七宝焼アートヴィレッジに到着した後、沿道の警備にあたる県警を通じ、「ぜひ水分をとったり、日陰に入ったりして、ご体調をくずさないように注意してください」と呼びかける「異例の対応」をとった。

 今回の訪問は、上皇ご夫妻から引き継いだ全国植樹祭への出席が主な目的で、国民体育大会、国民文化祭、全国豊かな海づくり大会と並び、天皇、皇后による定例の地方訪問「四大行幸啓」の一つに位置づけられるものだ。療養が続く雅子さまについて、宮内庁は当初、「体調に支障がなければ同行する」としていたが、終わってみれば全ての行事への出席を果たした。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい