ジャニーズ一の仲よしでストイック、Hey!Say!JUMPが語る「令和でジャンプする」カギ (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャニーズ一の仲よしでストイック、Hey!Say!JUMPが語る「令和でジャンプする」カギ

このエントリーをはてなブックマークに追加
早川あゆみAERA
※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 結成12年目を迎え、メンバー全員が大活躍中のHey!Say!JUMP。5月22日に両A面シングル「Lucky-Unlucky/Oh!my darling」をリリースした。大所帯でそれぞれ個性もバラバラだが、彼らの絆はどこにあるのか。

【写真】Hey!Say!JUMPがAERAに登場!

*  *  *
 テンポのいい掛け合いが続き、頻繁に笑いがはじけた。だが撮影に入ると、表情が引き締まり、カメラを構えた蜷川さんに応え、瞬時にポーズを決めていく。Hey!Say!JUMPは、現在留学中の1人を除いても総勢8人という大所帯だ。グループでもソロでも活躍目覚ましい彼らは、「メンバーの多さは強み。足し算じゃなくて掛け算にしたい」と言いきる。

山田涼介(以下、山田):僕らがジャニーズの中でもいちばん仲のいいグループだというのは、間違いないと思います。

中島裕翔(以下、中島):仕事が終わったら、ふつうにメンバーとご飯に行きます。嵐さんにも、「すごい仲いいね」って驚かれました。

薮宏太(以下、薮):メンバーと過ごすのが楽なんです。仕事の終わる時間も一緒、明日の予定も知っている。気心が知れているから、無理してしゃべらなくてもいい。

有岡大貴(以下、有岡):みんながみんなのことを把握してるからね。

伊野尾慧(以下、伊野尾):そうそう、一人くらい少しボーッとしてても、みんながカバーしてくれるし。

高木雄也(以下、高木):仕事中にボーッとしないで(笑)。

 仲のよさは、メンバー同士が理解し尊重し合っているからだろう。お互いを語るうち、見えてきたのは「絆」だ。

有岡:山田はストイックだよね。

薮:視野もイニエスタ級に広い。

八乙女光(以下、八乙女):どんなに忙しくても、グループのことを考えている。仕事もしっかり詰める。

有岡:グループのセンターでありながら、バラエティー番組で笑いを取るのもうまい!

山田:もともと性格的には笑いを取りたいほうで、センターはみんながセンターにしてくれているからだし、いまは曲によってセンターも代わる。フラットな関係でいさせてもらえるこのグループだから、やれているんだと思います。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい